意外と知られていない!?ものづくりをする業界にはCAD

よく耳にするCADオペレーターって何!?

「CADオペレーター」募集!このような求人情報を見かけた方も多いのではないでしょうか。知られているようで知られていないこの「CAD」について探っていきましょう!簡単に言うと、CADとはソフトのことを表していてそれを使いこなせる人がCADオペレーターということになります。設計者やデザイナーが考えた形をCADに入力して図面や3Dデータとしてコンピューター上で利用できるよう形にしたり、変更があった際に修正をしたりと表現する技術が必要となってきます。CADを扱う業界としては、建設(建築・土木)業界、家具・インテリア業界、福祉業界、自動車、航空、家電業界、アパレル業界などさまざまなところで扱われていて、職種によって必要な知識やスキルには違いがでてきます。

CADを知って周りと差をつけよう!

「ものづくり」をしている業界にCADは必要不可欠なものであることがおわかりいただけたでしょうか。職種によって内容も変わってくるため専門性が高く、幅広い業界で活躍することができるのがCADの魅力と言えます。思い描いたものが形になったり、ものをつくることに貢献できたり、達成感をあじわうことができるCAD。ものづくりに携わる仕事をお考えの方、将来自分がどのような職業に就きたいかを明確にし、身に付けるべき資格、CADの種類を検討していくことをおすすめします。興味を持ったことに前向きにチャレンジしていく姿は人としても、とても魅力的ですよね。この機会にぜひ、CADについて極めてみてはいかかでしょうか。

電気CADは電気設計に特化しているCADで、パソコンによる設計や製図を可能にしてくれる設計支援システムです。