若い人は合宿免許を利用して運転免許を取った方がいいというのは本当?

長い休みを取れる人に向いている

若い人が運転免許を取りたいという話をすると、「だったら合宿免許で取れ」と勧めてくる中年の人が結構います。話を聞くとだいたい、「自分も合宿免許で取ったから」ということなのですが、彼らがいうこともまったく的外れというわけではありません。たとえば、免許を取るために泊まり込みをするなら、数週間の休みが必要です。しかし、就職をしてから二週間以上の休みを取るのはかなり難しいといえるでしょう。大学生ぐらいまでであれば、夏休みを利用すれば簡単です。

中年の人は周囲の若者とのコミュニケーションが大変

また、合宿免許は長期休暇を取れる人たち、つまり若い人が集まりやすいので中高年が参加すると人間関係の構築だけでも大変です。若い人たちと一切会話せず、ただひたすら免許を取ることに集中して過ごすこともできますが、それだと宿泊所にいる時間は退屈で仕方がないでしょう。若いときに行けば、周囲の人たちと話が合うので孤独にならないですし、免許取得が大変なときも愚痴をいったり、相談することが簡単にできます。

スムーズに取得できないと面倒なことに

それと、やはりスムーズに免許を取得するためには運動神経や反射神経が必要で、そういったものに衰えが出ていない若いときの方がいいのです。合宿免許であっても期間を延長することができますが、長く宿泊所にいるのはかなりつらいものです。実際、合宿免許の広告には若い人が写っていることが大半ですし、若者をターゲットにしていることは間違いないので、合宿免許で免許を取るならなるべく早く行くようにしましょう。一方、中年からすると、「休みを取れない」「周囲の人と馴染めない」「スムーズに取得できないと、期間延長などの手続きが必要で大変」といった点で、合宿免許にはデメリットがあるといえます。

合宿免許では、合宿しながら短期間で免許を取ることができます。他の人と交流を深めることができるだけではなく、時間がなくて早く免許を取りたい場合に利用できるのが魅力です。