知っていますか?!診療内科とはこんなところ

心療内科は精神科とは違う

心療内科とは、心と体の不調を一緒に診療してもらえる診療科です。ストレスなどによる心の不調が元で、体に様々な症状が出てくることがあります。そのような場合に、カウンセリングを行いながら心身ともに健康な状態へ導いてくれるところが、心療内科なのです。心療内科とよく混同されやすい診療科に、精神科があります。精神科では、精神障害や依存症、睡眠障害など心の病に向き合っていきます。しかしながら、厳密な線引きがあるわけではないので、心療内科・精神科と両方を掲げているところもあります。また、体の不調を診るため、内科・心療内科としているところも多いです。

ストレスが招く様々な不調へ立ち向かう診療科

ストレスは、様々な体の不調を招いてしまいます。例えば、頭痛や倦怠感、腹痛、そして不眠などです。これらのことが原因で、不登校や出社拒否になったり、自律神経失調症や過敏性腸症候群などの症状が現れたりして生活に支障をきたしてしまう場合があります。また、体の検査をしてもどこも悪いところが見つからないにもかかわらず、体の不調が続く場合にも、心因性の問題を抱えていることが考えられます。このような場合に、心療内科にかかって原因がストレスや心の不調であることがわかることで、初めて適正な治療を進めていくことができるようになるのです。カウンセリングに重点をおき、トレーニングや心理的な療法など、それぞれの症状に応じて様々な治療が施されていきます。もちろん、必要な場合には、投薬治療も行われます。

近頃、急に無趣味になった、人生に虚しい気持ちを覚えるようになった、こういった点に心当たりがあれば一度、岡山の心療内科のドクターに相談してみた方が良いかもしれません。