CAD導入にあたって知っておいて損はない知識。

製図の書き方で大事なこと

製図とは、主に未だ形になっていない物をを制作するために、大きさや、形、長さなどを図面として作成する物を言います。一言に図面と言っても機械図面、電気図面、建築図面など幅広く存在し、用途に合わせた専門記号や寸法などで書き上げます。

製図とCADと何が違うのか?

CADとは、製図をパソコンを使用して、デジタル的に書き出す事のできるアプリケーションの事を言います。例えば製図で使用する製図版がパソコンのモニターに代わり、鉛筆がマウスに代わるようなものです。パソコンのアプリケーションで製図を書くことが出来るようになり、私たちは沢山の恩恵を受ける事が出来るようになりました。

CADの導入利点にどのようなものがあるのでしょうか?

パソコンのアプリケーションを使用してデジタル的に製図を書きだすことが出来るという事は、何度でも容易に書き直す事が出来ます。製図では、書いた鉛筆の線を消すのに一生懸命消しゴムを使用して跡が残らないように注意しながら消さないといけない事でも、CADならマウスやキーボードを使用し一瞬で消すことが可能になります。一つの寸法を記入する際にも、製図なら縮尺を考え計算をしたうえで、定規で長さを図り書き出すといった労力も、CADでは寸法と書きたい線や、形を選ぶだけで設定している縮尺にあった線や、形を書いてくれます。

一番の利点は、他業者とのデータの共有が容易になり、今までトレーシングペーパーなどで重ねて確認していた作業も、CADなら他業者の相手が離れた場所にいても、電子メールなどでデータの共有が出来ればアプリケーション上で重ねる事が出来きます。今まで以上に確実に且つ効率的に作業を進める事への利点につながります。

水道CADとは、上下水道図面や申請書等の水道工事に必要な書類作成をサポートしてくれるパソコンソフトです。