フランチャイズって何?開業したい人が知っておくべきポイントとは?

フランチャイズによる開業とは

開業するときにフランチャイズを利用しているケースが目立つようになっていますが、フランチャイズによる開業とはどういうものなのかを知っているでしょうか。フランチャイズによる開業は加盟店を募集しているフランチャイズ事業者と契約を結び、その契約に基づいたサポートを受ける代わりにロイヤリティーを支払うという形で経営を始める方法です。

契約の詳細は事業者によって異なりますが、共通しているのはその親会社のブランド名を使用できる権利が手に入ることです。それによって、そのブランドの店舗という形で宣伝広告を行えるため、初期から集客をしやすいというメリットがあります。また、ロイヤリティー収入を得るのが親会社の目的なので、売り上げを伸ばせるように色々なサポートをしてくれるのが一般的です。初めての開業でもサポートを受けることで首尾よく事業を軌道に乗せられるでしょう。

メリットを活かせるようにしよう

フランチャイズによる開業はメリットを活かせるように契約先を選ぶことが大切です。ロイヤリティーの金額も、行える事業の内容も、受けられるサポートも契約先によって異なっています。サポートが手厚いほどロイヤリティーも高くなるのは当然です。事業の自由度が高くて親会社が負うリスクも大きいほどやはりロイヤリティーが高くなることは否めません。契約によって得られるメリットとデメリットのバランスを考えて契約先を選ぶようにしましょう。特に同じジャンルの契約先候補がたくさんあるときには十分に比較してから決めるのが大切です。

フランチャイズ募集のことを知るには、掲載されている複数のサイトを比較したりすることなどが挙げられます。