これで失敗知らず??ダイヤモンドを売る時のコツ

掃除をしておくだけで印象が変わります

タンスの中に使わないダイヤモンドがあるなら、買取店に持っていくと良いでしょう。ただし、その前にやっておきたいのは掃除です。基本的にダイヤモンドの価値はカラーとカット、それからカラットとクラリティのいわゆる4Cと呼ばれる部分で決まります。ところが同程度のダイヤモンドでも若干の差が出るのだとしたら、きれいに手入れをされているのかどうかなのです。

実はダイヤモンドは親油性と呼ばれる鉱物です。つまり油を引き寄せやすいという意味で、手の皮脂などが付着すると曇ってしまい見栄えが悪くなります。

そこでぬるま湯に食器用の洗剤を入れてかき混ぜて、その中にダイヤモンドをしばらく浸しておきましょう。その後、毛の柔らかな歯ブラシなどで擦ってやれば油分を取り除けます。最後に水で洗い流して乾かせば終了です。

自分に合った店舗を探す

ダイヤモンドを高く売りたいなら、店舗選びも重要です。それぞれの特徴を頭に入れた上で、自分に合ったところで売るようにしたいものです。

まず、対面式の店舗についてですが、目の前で査定をしてくれますから安心感があります。疑問に感じることがあればその場で質問もできますし、値段の交渉も可能です。

次に出張買取ですが、これは自宅や指定した場所まで来てもらい、ダイヤモンドの査定をお願いするするというやり方です。体が不自由で店舗まで行けない、あるいは高価なダイヤモンドを持ち歩くのが不安なら利用すると良いです。

他にも宅配買取があって、ダイヤモンドを梱包して業者に送ります。こちらのメリットは、金額の提示やその他の手続きはすべてメールで行える点です。そのため人に会うのが煩わしいといった場合に向いています。

不要になったダイヤモンドは、ダイヤモンドの買取会社で買い取ってもらえます。鑑定書があれば高額で買い取ってもらえる可能性があります。