墓じまいを行う方法と業者選びのポイントについて

墓石業者を選ぶ時のコツ

以前墓石を作ってくれたところに再び依頼する方法もありますが、こだわる必要もありません。しかし寺院や民間が運営する霊園の場合は、指定石材店が存在することもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。ただし見積り金額があまりにも高すぎると感じた場合は、第三者に相談し、指定石材店を解除することもできます。

見積り書の正しい見方

見積り書には墓じまいにかかる工事費が書かれていますが、中には別途請求や追加請求を行う業者もいます。本来であれば見積書は明細が書かれています。何にいくら発生するのか、内訳が一つ一つ書かれている見積り書であるか確認することが大事です。

後悔しない見積りの取り方

見積り書の請求は一つの業者にこだわることなく、複数の業者から相見積もりを取るようにしましょう。また墓じまいの費用は地域によって相場が異なるため、必ず最高値と最安値が存在します。お得に賢く墓じまいを実現するなら、内容をよく確認し、予算や目的に合う業者へ依頼しましょう。

業者の対応をチェックする

墓じまいは墓を解体する作業です。その後も石材店と長くお付き合いができる作業ではないため、中には作業に身が入らず面倒くさそうに対応する業者もいます。気持ち良くサッパリとした気持ちで墓を片付けたいなら、依頼者の立場を理解し親身に相談に乗ってくれる業者に依頼すると良いです。

墓じまいのその後について

後継者不在の墓じまいでは墓を解体したら終了ですが、新しい墓地へ移転するための墓じまいの場合は、その後も墓の管理や維持が必要になります。石材店の中には受け入れ先まで一貫して面倒を見てくれる業者もあるため、窓口を一つにしておくと後が楽です。

墓じまいの費用は実際の撤去費用から手続きにかかる費用、お布施など様々に掛かります。その為、場合によっては数十万から数百万に至る事もあります。