知っておきたい!BCPに関する内容と必要性

BCPの特徴とその目的

BCPと言いますのは、事業継続計画といった主旨を有します。一流法人間ではそれなりに昔から導入が進んでいましたが、東日本大震災を契機として中小零細企業間でもその必要性が知られるようになりっています。 災害や事故を睨んだプランですが、現代人が想像する避難訓練とは別物ですから気をつける必要があります。BCPの目的につきましては、予知できないトラブルが出現した際もスピーディーに事業を復活させることであって、人命救助、あるいは安全確保はその一貫に他なりません。 BCPはひとたび完成したらそれで終了ということではなく、その時代にフィットするよう常時中身を変化させることが不可欠です。中身が古い状態では、トラブルが見られたケースで用をなさなくなるからです。BCPを策定しているプロセスにおいて、事業の不要な部分も洗い出せることから、作業そのものは無用ではないでしょう。

BCPが必要とされる理由

BCPを作成することは国の法律で義務化されているということはありませんが、多くの会社組織にとって無くてはならないことが認知されつつあると言えます。その要因の1つは災害に対するリスクの高まりといえます。一説によりますと関東地方において大震災が引き起こされる確率はとても高いと言われていますから、BCP策定は緊急課題です。 グローバル化、あるいは労働力不足といった要因が重なり合うことで、近頃の日本の会社は中核の事業以外を外部発注する事例が拡がっています。通常においては経費の削減効果などのベネフィットが手にはいりますが、有事にあたっては事業を復活させる大きな障害とも繋がります。BCPを活用することで、その危険性を少なくできるというわけです。

BCP対策は、業務の継続のため、インフラなどの分散化を行うものです。また、業務の早期再開のため、ワークフローの見直しなども行います。